塗装工事の計画スタートに!まずは見積もり!それからお近くの業者えらび

塗装工事で知っておくといい基礎知識

家の塗装について

大切なお住まいを長く快適に過ごすために、定期的な塗替えをおすすめします。

ご近所で外壁の塗り替えをしているお家をご覧になったことありませんか?
通常、家の外壁は日光に当たり、雨や風にさらされていますから、
知らない間にどんどん傷んでしまいますし、汚れもひどくなっていく一方です。
そこで、その外壁を守るために、家は定期的に塗りなおしてあげることが必要なのです。

塗り替えって必要なの?

家の周りには脅威がいっぱいです。
年数が経過すると徐々に塗膜が劣化します。
ひどくなると塗膜が剥がれ落ちてしまいます。
剥がれるとそこから雨水がモルタルに直接かかって染み出し、もろくなるなど外壁にダメージを与えてしまうので塗装を塗り替えたりして定期的なお住まいのメンテナンスは必要です。

塗り替えの最適な時期

お家のまわりをぐるっと回って、外壁などの様子を観察してみましょう。

塗り替えサインの出ている外壁
外壁のひび割れ
塗膜のひび割れ・亀裂

表面にひび割れができると、そこから雨水がしみこんで内部が腐食します。カビやダニの発生原因にもなります。モルタルの割れ目から中の木部まで雨水が浸透すると、住宅そのものの耐久性に影響を与えます。

外壁のカビ・藻
カビや藻の発生

塗膜が劣化すると防水機能が低下するため、日当たりの悪い箇所や湿気が溜まりやすいところでは、藻やカビが発生します。保護機能だけでなく美観も大きく損ないます。

外壁のふくれ・剥がれ
塗膜のふくれ・剥がれ

表面がふくれたりしていると、やがて塗膜が剥がれ、そこから雨水が浸透し、剥がれの箇所を拡大させることがあります。剥がれた箇所から内部に雨水が浸透する恐れがあります。

外壁のチョーキング
チョーキング現象

チョーキングとは、塗装の色が落ちて、壁を触るとチョークのような白い粉がつく状態をいいます。塗装が劣化して、外壁を保護することが困難になっている状態です。

神奈川県綾瀬市 鈴木建装 提供

まず、外壁表面のひび割れやふくれや剥がれはもちろん外壁を触って白い粉が付く(チョーキング)ようであればそれは、外壁の塗膜が劣化している証拠。また、カビや藻の発生は、美観を損なうだけでなく外壁の寿命を縮めます。手遅れにならないうちに塗り替えるのが、お住まいを快適に過ごす秘訣です。できるだけ早い機会の塗り直しをおすすめします。

また、前回の塗装工事から数年経過しているようであれば、1回ご自分の目で調べてみるのもよいでしょう。

よくあるケースとして、家の外壁にこのような現象が現れたら、塗り替えのサインです。

家の塗装工事の流れ

家の塗り替え工事は下記の様な流れで進み、天候等に左右されますが標準的な塗装工事では10日から2週間程度で終了します。

一般的なサイディング外壁とカラーベスト屋根の家の塗装工事の流れ
【1】仮設足場工事

足場は工事の品質や作業性を維持し、作業員の安全性を確保するための必要な工事です。近隣に塗料などが飛び散らないよう飛散防止ネットで建物全体を覆います。戸建住宅では通常「単管ブラケット」が使われますが、狭小地などでは状況に合わせて工夫し適した足場をかけます。

 

 

埼玉県伊奈町 土橋塗装 提供

【2】高圧洗浄作業

カラーベスト屋根の高圧洗浄

外壁や屋根に付いたホコリや汚れなどは高圧洗浄(120~150Kg/㎡)で洗い流します。
屋根塗装がある場合は、最初に屋根から洗浄し、汚れを上から洗い流します。

 

 

 

 

サイディング壁への高圧洗浄

屋根が終わると次に、外壁やその他付帯部材を洗浄します。破損箇所や補修が必要な壊れそうなところは先に補修を施すか、慎重に洗浄していきます。
高圧洗浄で洗い落とせない強力なカビ、藻などは専用薬品を使用して除去します。

 

 

埼玉県伊奈町 土橋塗装 提供

【3】サイディング壁の下地補修工事

外壁の欠損、ひび割れなどこの時点で行います。
欠損部分はモルタルやコンクリートで壁を作り、既存壁と同様に模様をつけたりします。(=肌あわせ)
この下地補修をきちんと行うことが仕上がりや建物の寿命を左右します。

①旧シーリング

サイディングの外壁はサイディングとサイディングの間に線が入っています。この部分をシーリング(=目地シーリング)といい、外壁と共に劣化する部分です。劣化すると亀裂が入ってサイディング壁の間から雨水が浸入して雨漏りの原因となります。

 

 

 

②旧シーリング撤去

古いシーリング取ります。

外壁がサイディングの場合は既存目地のシーリングを撤去して、新しいシーリングを注入します。

 

 

 

③新シーリング注入

ひび割れはその部分をU字やV字にカットし、ひびの幅を広げ、シーリング材 樹脂モルタルなど注入して密着補強します。

 

 

兵庫県神戸市長田区 E-style(イースタイル)施工

【4】乾燥・養生シート貼り

水洗い後、充分乾燥させます。乾燥時間の長短で以降の塗装工事の塗料密着性、仕上がりにも影響がでます。
その間に窓やドア部分はもちろん、周辺の庭の樹木や車にも塗料が飛び散った際に付着しないよう養生シートでしっかりとカバーをします。(これをマスキングといいます。)養生シートはビニールシートにテープがついたものが通常使われます。

 

 

東京都世田谷区 エーティーアシスト 提供

【5】カラーベスト屋根の塗装工事

屋根塗装作業は3工程が一般です。

屋根の遮熱塗装(ガイナにて塗装)
①タスペーサー取り付け(水洗い後)

屋根に付いたホコリや汚れなどは高圧洗浄(120~150Kg/㎡)で洗い流した後、タスペーサーを取り付けます。縁切りともいいます。このタスペーサーを取り付けることにより、この後に塗装したときの塗料が屋根と屋根の間に入りくっつくのを防止し、雨を下にスムーズに流す役割を持ちます。このタスペーサーを取り付けないと、屋根と屋根が密着してしまい、雨水が逃げず、雨漏りの原因になることもあります。

 

 

②シーラー下塗り塗り始め

シーラーは屋根素材と塗料の密着性を保つために必要な処理です。たっぷりと染み込ませます。

 

 

 

 

③シーラー下塗り終了後

これだけでもとてもツヤがでてきて美しくみえますが、これからがいよいよ遮熱塗料の出番です。右図でも見られるとおり、足場は工事の品質や作業性を維持し、作業員の安全性を確保するための必要な工事です。近隣に塗料などが飛び散らないよう飛散防止ネットで建物全体を覆います。戸建住宅では通常「単管ブラケット」が使われますが、狭小地などでは状況に合わせて工夫し適した足場をかけます。

 

 

④上塗り1回目

中塗りの材料と同様です。上塗の目的は仕上り面を美しくすることです。 ローラーや、狭いところなどは刷毛を使って中塗より丁寧に塗装します。

 

 

 

 

⑤上塗り1回目(塗装後)

 

 

 

 

 

 

⑥上塗り2回目

 

 

 

 

 

 

⑦上塗り3回目(塗装完了)

 

 

 

 

 

 

神奈川県川崎市多摩区 カメイペイント工業 提供

【6】サイディング外壁の塗装工事

外壁塗装作業は3工程が一般です。

サイディング壁の吹付塗装
①プライマー吹付(下吹、下塗り)

旧塗膜や下地材と上塗材の密着をよくするため、シーラー(プライマーという場合もあります。)やフィーラー(凹凸を埋める)を塗ります。

 

 

 

 

②中吹(中塗り)

中塗りの材料は、上塗りと同様の材料を使います。 中塗の目的は塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせることです。
塗装具はローラーが主体ですが、ローラが使用できない狭いところなどは刷毛を使用します。

 

 

 

③上吹(上塗り)

中塗りの材料と同様です。上塗の目的は仕上り面を美しくすることです。 ローラーや、狭いところなどは刷毛を使って中塗より丁寧に塗装します。

 

 

埼玉県伊奈町 土橋塗装 提供

【7】その他塗装工事

外壁塗装が終わると、付帯部材といわれる破風板(はふいた)、軒裏(のきうら)、庇(ひさし)、鼻隠し(はなかくし)、ベランダ、ウッドデッキなどの木部、鉄部の塗装を行います。

【木部・破風板(はふいた)塗装作業】
中塗り

素地調整が終わると木部用塗料で塗装します。塗料はウレタン系を通常使用します。

 

 

 

上塗り

さらに仕上げ塗りを行います。通常2回塗りが多いですが、部材によっては3回塗りになる場合もあります。部材や設置環境、またご家族で臭いに敏感な方がおられる場合は、異なる塗料をご提案させていただくこともあります。

 

 

 

 

兵庫県神戸市 E-style(イースタイル) 提供

【8】足場解体/養生取外/清掃

塗り残しや、塗りムラのチェックを再度行いながら、養生(ビニールや、テープ)を丁寧にはずします。その後、飛散防止ネットの取り外し、仮設足場の撤去、現場周辺の清掃を行います。全ての作業が終わり完成です。

 

 

 

埼玉県伊奈町 土橋塗装 提供